OWNER

茨城県水戸市生まれ
2003年「スコーンとバナナブレット専門店 スコーンドルフィン」を
創業しました。

20代の頃住んでいたカナダで出会ったバナナブレットと、
大好きで作り続けていたスコーンが商品。

我が家の男の子3人が体が弱かったことから、
「上質な素材」「添加物のないお菓子」にこだわり、
お花屋さんの店頭で置いてもらったスコーンとバナナブレットが、
毎日完売し、毎日たくさん作るようになりました。

「うちの店にも卸して欲しい」というお問い合わせが広がり、
合計で20数店舗のお店、売店、病院、カフェなどに、
スコーンとバナナブレットが並びました。

卸先で購入したお客様が、
うしろの商品シールを見て自宅の工房へ訪れるようになり、
自宅に店舗を併設。
同じ頃ホームページを作り、全国へお届けするようになりました。

2007年イギリスロンドンとコッツウォルズ地方へスコーン修行の旅に。
BBC放送でカントリーケーキを教える
キャロン・クーパーさんのお宅でスコーンを学び、
本場の有名ティーハウス数軒でスコーンを研鑚。

2009年4月に茨城県 水戸市双葉台 で移転開業。

ありがたいことに、
更にたくさんのお客様にご縁を頂きました。

皇室や英国大使館にお届けする機会もありました。
「casaBRUTUS」(マガジンハウス)では、
スコーン特集で全国のスコーン屋さんの中で1位に選ばれました。

一時は、卸販売や、催事出店も多く、
「楽天」でスコーン売上1位になったこともありましたが、
現在は「SCONEDOLPHIN」のスコーンが好きな人に、
もっと好きになってもらえるような店作りをしています。

これまで気に入って頂いたお客様、
探していらして頂いたお客様、
「贈り物で頂いて美味しかったから来たの~!」と
気に入ってご来店頂く客様に、
心を込めて大切に作ったスコーンやバナナブレットを
大切にお届けしたいと思います。

2017年9月に訪れたイギリスロンドンの視察では、
ノッテイングヒルの キャロライン・ホープさんのイギリス菓子教室で、
新商品「ロンドン生スコーン」の開発ヒントを伝授して頂きました。

2018年9月 スコットランドのスコーン城に訪問。
スコーンの生まれ故郷に感謝の意を伝えて参りました。

「好きな人と歩くと恋が叶う・・というDolphin-st」
このドルフィンが店の名前の由来です。

私たちの想いがあなたに届きますように!
お店、インターネットでの出会いを
楽しみにしております。

スコーンドルフィン
代表 根本好美