スコーンドルフィンとは…

「スコーンドルフィン」

イギリスのスコットランドの「スクーン城」で発祥したお菓子スコーンは、
19世紀に貴族社会で贅を尽くした「アフタヌーンティー」として成長しました。

その後一般の方々に広がり、
産業革命の時に「クリームティー」というお茶の習慣が定着しました。
頑張って働く人たちが帰宅後、まず体の疲れを癒すために、
スコーンにクリームとジャムを付けて紅茶とともに頂く時間。

当店では、この「クリームティー」のスコーンのように、
頑張って生きている方々や一生懸命働いている方々に
ほっとする時間「明日からの活力を支えるスコーン」
つくり続けたいと考えております。

「スコーン」って何?
イギリス スコットランドにある「スクーンScone城」
ここで生まれたスコーンは、
イギリスはもとより世界中で愛されるお菓子となりました。

スコーン城には
「STONE OF SCONE」または「STONE    OF    DESTINY」
運命の石(守る石)」と呼ばれる、
何百年も王室と国民を守ってきた石があります。

王様が戴冠式をするときに、
この石に座って王冠を頂く重要な石です。
現在のエリザベス女王もこのスコーンの石に腰を掛けて王冠を頂きました。
その石の形を模して作ったお菓子がスコーン

イギリスでは1日に何度もお茶の時間を楽しみながら、ホッと一息。
女王陛下も国民も、大切な人や仲間と談笑し、
英気を養い、立派な仕事を続けて来ました。
お茶の時間(クリームティー)のお供にこのスコーンが添えられています。

「バナナブレット」は?
バナナがいっぱい入ったパウンドケーキです。
20代の頃、カナダで暮らしていた時に出会った、思い出のお菓子です。

冬が寒くて長いカナダでは、
お食事を囲んでお友達と集うことがよくあります。
笑顔溢れるテーブルにはいつもバナナブレットがありました。
その味に感動して、まいにち毎日作り続けて、
お菓子屋さんを開くまでになりました。

「スコーンドルフィン」の名前の由来は?
「On Green Dolphin-st」というジャズのスタンダードの名曲があります。
イギリスにある「Dolphin-st」という道を
好きな人と歩くと恋が叶うというstory

スコーンドルフィンが、
あなたの恋や夢が叶うお手伝いができたらいいなと思い、
この名前を付けました。

<住所>
〒311-4145
茨城県水戸市双葉台1-1775-26

TEL 029-291-5535
FAX 029-291-5536

営業時間 AM11:00〜PM6:00
定休日  月曜日と火曜日